製品情報
車両管理システム1
車両管理システム1
車両管理システム2
車両管理システム2
車両管理システム3
車両管理システム3
車両管理システム4
車両管理システム4
車両管理システム5
車両管理システム5
動態管理システム
動態管理システム
各種支援システム
各種支援システム
ことばカウンター
ことばカウンター

管理システムの役割と目的


車両管理システム 1

果たす役割 3つのD

ECO & Safety Drive --- 省エネと安全運転
Dihital Tachograph --- デジタコ機能
Drive Recorder --- ドライブレコーダー

4つの目的

安全運転管理

  運行データを基にドライバー教育を行う事で事故(特に重大事故)の減少効果が期待できます。
  また、車両管理システムの取付による、ドライバーへの危険運転防止効果も期待できます。

省エネ効果

  安全運転管理を行う事で省燃費効果が期待できます。
  また、急加減速・速度違反などのデータも一覧表示できるので、ポイント毎の指導も可能です。

作業効率アップ

  車両データを基に、作業日報を自動作成。日報の作成効果を高めます。
  また、速度グラフ・温度グラフ・運行記録等々、走行記録を集計した帳票を作成したり、経費/燃費情報などデータの収集や、整備記録/店舗の発着履歴など、車両の保全や配送情報なども管理可能なので、労務管理業務/請求業務への連動ができます。

輸送品質の向上

  車両管理システムにより、エコドライブの実現が可能です。
  温度/衝撃/GPS位置管理等の全自動測定により、輸送品質の向上を荷主様へアピールできます。